平成24年に開催された5年に一度の和牛のオリンピック「第10回全国和牛能力共進会」で、内閣総理大臣賞を受賞し日本一の称号を手にした「長崎和牛」。その中でも、長崎市内の農家、JA長崎せいひ長崎地区肥育牛部会員8戸のみで生産されている牛肉が「出島ばらいろ」です。

生産の割合は、長崎和牛の内9%弱と希少ですが、少数精鋭という利点を生かし、すべての農家で産肉生理理論で知られる飼養管理を実践。品質にばらつきがなく、約75%が4~5等級という高い水準で安定した美味しさを提供しています。

最大の魅力は名前の由来になっているとおり、牛肉本来の鮮紅色(=バラの花の色)、バラ肉が厚いという点、そして何よりもお肉の旨み。「霜降り」だけに偏らず「赤肉」と「霜降り」のバランスを追求した肉質、さっぱりとしたくちどけの中にしっかりと味わえる肉本来の旨み、その両方を追求しながら生産されているのが「出島ばらいろ」です。

江戸時代、出島のオランダ商館員たちは、主にインドで牛を入手し、長崎へやってきました。そして、これらの牛を調理して食べていたとされています。

しかし発掘調査では、在来牛(和牛)の骨が多く出土しており、出島では和牛も食べていたことが判明。当時、彼らが日本人をもてなした際のオランダ正月料理のレシピにも、牛肉の調理方法が残っており、長崎は早くから牛に気を食べる文化をはぐくんできた土地といえます。


出島ばらいろ取扱店舗


元・お肉屋さんの顔をもつオーナーが厳選して仕入れた上質な和牛をたっぷりと楽しめる

YAKINIKU-Rin(焼肉りん) 城山店

「出島ばらいろ」を刺身や焼きしゃぶなど様々な形で味わえる。

「美味しい肉を余すことなく味わってほしい」との思いから生まれた『手作り餃子』には豚の脂のかわりに「出島ばらいろ」の牛脂を使用。濃い旨味がくせになる人気の一品だ。

店舗情報はこちら

 


長崎県産の旬食材にこだわった料理

旬彩 ながや

「出島ばらいろ」の美味しさを最大限引き出した牛鍋。ポン酢はもちろん上五島産矢堅目の塩でシンプルに食しても「出島ばらいろ」の甘味を感じられる一品。

ゆったりとした空間で大人な時間を過ごせる、落ち着いた雰囲気のお店。気さくなスタッフがいつも温かく迎えてくれるのも人気の理由だ。

店舗情報はこちら

 


厳選素材を使った鉄板焼きをリーズナブルに

onikuのcafe meat sukky

一頭買いの店〈肉のマルシン〉が運営する「出島ばらいろ」のステーキをランチで楽しめる店。店内は、テーブル席からカウンター席まで完備しており、ひとりでも立ち寄りやすく、女性に大人気!

お肉屋さんが直営するため、鉄板にのせたアツアツのステーキをごはんとスープのセットで驚きの価格でご提供!

店舗情報はこちら

 


品数豊富なお酒とともに極上の味を堪能しよう

赤目 AKAME

鉄板焼きの美味しい「旬菜だいにんぐ Plancha 」が、平成29年7月から「ながさき鉄板 赤目」としてリニューアルオープン!

大きな鉄板で豪快に焼き上げる「出島ばらいろ」の極上イチボとラムシンステーキ。鉄板焼ならではの“目で見て、音で感じる”は、焼肉屋とは違う醍醐味を味わえる。

店舗情報はこちら

 


お好み焼きだけでない、趣向を凝らした数々の鉄板料理でおもてなし

焼き焼き鉄板 はまのや

居酒屋さん要素も併せ持つ人気店。

鉄板料理やお好み焼きはもちろん、「出島ばらいろ」を贅沢に使用した「長崎和牛ヒレステーキ」は絶品。

店舗情報はこちら

 


半個室で仕切れる落ち着いた和風の居酒屋で

酒趣庵 長崎駅前店

長崎駅前でもトップクラスの収容人数を誇る酒趣庵長崎駅前店。半個室で仕切れる落ち着いた和風の居酒屋で、最大70名様までOK!

出島ばらいろをはじめ、鯨、カラスミ、長崎おでん等、長崎の味覚を存分に楽しめるコースは観光客にも大人気!

店舗情報はこちら